地鶏と卵の通信販売 中村農場

中村農場
ほろほろ鳥 | 未分類|2020年08月06日(木)

中村農場の「ほろほろ鳥」の雛

大人のほろほろ鳥 

こんにちは nakamuranojo です。

中村農場の「美味しい食づくりのヒミツ」

6回目は「ほろほろ鳥」編 Part2 です。

今日は nakamuranojo が見た!

「ほろほろ鳥がやってくるある日の出来事」

についてお話ししたいと思います。

「ほろほろ鳥」初めての小旅行

ほろほろ鳥のヒナ

ほろほろ鳥は、卵から産まれたその日に専用の入れ物に入って

中村農場にやってきます。

かつては、宅配便で送ってきたこともありましたが、今は

宅配会社で取り扱いをしていないので、東京までお迎えに

いっています。

ヒナたちを車にのせ、山梨までの2時間の旅の間はいつも

「ピーピーピーピー」

大きな声で大合唱が始まります。

ん?! 今日はなんかいつもと様子が違うぞ…

「ピーピーピー…」

いつもより静かなような…。そーっと箱の中のヒナ達を

のぞいてみると心なしかゆったり過ごしているような…。

もしかして!

いつもは貨物の軽自動車できていたのですが、今日はたまたま

普通乗用車でお迎えに来ていたのです。

そうです!車の振動です!

ヒナ達の「ピーピーピー」は赤ちゃんの「おぎゃーおぎゃー」と

同じ。不快な思いがあれば大きい声で鳴いていたのです。

いつもは、車の振動でヒナ達もゆっくり眠ってられなかったのです

が、今日は振動が少なくゆっくりリラックスできていたのです。

鳥も人間も同じだな…

より安全運転を心がけつつ山梨へと向かいました。

「ほろほろ鳥」のお母さん

ようやく農場に到着。農場につくとお母さん(スタッフ)が、

部屋をきれいに掃除して暖かくして待っています。

驚かさないように、大切に箱をもってお部屋まで移動します。

そこからお母さんの出番です!

ほろほろ鳥お母さん お水を飲ませます。
ほろほろ鳥お母さん ちゃんと飲んでいるか確認!
ほろほろ鳥お母さん 餌を教えます。

1羽1羽 人肌に温めたお水と餌を食べさせて、暖かいお部屋に

優しく放してあげます。1回に600~1000羽の鳥がやってくる

時もありますが、必ず1羽、1羽にお水と餌をあげるのです。

普段はそんな姿をあまり見せないスタッフ(男性)ですが、

この時ばかりは「お母さん」に見えました。

こういう愛情が、味にも影響するんだろうなと農場スタッフ

に感謝の心が芽生えた瞬間でした。

「ほろほろ鳥」の大人とヒナずいぶん違う?

ほろほろ鳥 ヒナ

ここまで「ほろほろ鳥」のヒナの画像をいくつかのせてきましたが、

「これは、本当にほろほろ鳥のヒナ?」

「大人のグロテスクな顔はいつから?」

「大人は顔が小さいけど、ヒナは頭でっかち?」

という疑問を持つ方もいるかと思います。

大人のほろほろ鳥

いったいどこから変化が始まるのか???

この疑問は、次回以降でお話ししていきたいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、ほろほろ鳥のヒナのことについてお話してきました。

大人になってからの姿とは大きく異なり、目がパッチリと

大きく「ずんぐりむっくり」な身体が特徴的です。

次回は、一般的な卵の疑問についてお話ししようと思います。