地鶏と卵の通信販売 中村農場

中村農場

八ヶ岳 中村農場の親子丼~卵の不思議編~

いろいろなゆで卵

こんにちは nakamuranojo です。

中村農場の「美味しい食づくりのヒミツ」

7回目は、「卵の不思議」編です。お店でお客様によく質問される

ことについて今回は以下の3点についてお話ししたいと思います。

卵の大きさってどうやって決まるの?

卵の大きさの違い

鶏が生まれて初めて産む卵(初たまご)は、鶏の種類にもよりますが、

以下のように変化していきます。

 初めての産卵~約1週間     40g前後(Sサイズ)

 1週間以降~1か月       55g前後(MSサイズ)

 1か月~2か月         62g前後(Mサイズ)

 2か月以降~1年位       60~70g前後(M~Lサイズ)

 1年以降            70g以上(L~LLサイズ)

よって「卵の大きさの違いは鶏の月齢の違い」といえます。

ちなみに、中村農場にはいろいろな鶏の種類がいますが、2か月以降の

大きさは鶏の種類によって以下のような違いがあります。

 烏骨鶏卵               S~MSサイズ

 コーチン卵、アローカナ卵       Mサイズ

 赤玉たまご、ハーブ卵、八ヶ岳卵    M~Lサイズ

よって、鶏の種類によっては存在しないサイズがあるのです。

卵の大きさと黄身の大きさの関係は?

黄身の大きさ

最近、ツイッターでも話題になった「卵の大きさと黄身の大きさ」に

ついてです。こちらも良くお客様に質問される内容ですが、

今回は実際に実験をしてみました!

結果は…

① 卵の大きさが変わると黄身が大きくなる

② 卵の大きさが変わっても黄身の大きさが変わらない

以上の2パターンがあることがわかりました。

結局、どっちなの???

もしかして、月齢による違い???

そして調べてみると、やはり月齢による違いがあるという記事が

ありました。つまり、この記事による内容と結果より

 【卵の大きさと黄身の大きさの関係】

「若い鶏(うみはじめ~2か月位)」… S<MS<M

「成熟期(2か月~1年位)の鶏」… MS≒M≒L

「月齢が多い(1年以上)の鶏」… M<L<LL

つまり「卵の大きさと黄身の大きさの関係は鶏の月齢の影響を受ける」といえます。

今後は、鶏の種類で違うのか? ということも含めて引き続き実験していき

たいと思います。

「初たまご」と「双子卵」の関係は?

初たまごと双子卵

「初たまご」とは、メスの鶏が生まれてから初めて産む卵のことをいいます。

栄養価が高いといわれ「妊婦さんが食べるとよい」と古くから言われてき

ました。

この時期の卵は、卵の大きさの話にもあったように、とても小さい卵を

産みます。その中に、ときどきMサイズ位の大きさの卵が混ざってでて

きます。実は、それが「双子卵」なのです。

若い鶏は、まだ卵を産むリズムが安定していないので、双子が生まれる

ことがあるのです。

よって、小玉の卵が多い時期に、中村農場でMサイズの卵を買うと

「全部双子の卵だった!」ということも起きるのです。

初たまごと双子卵の大きさの違い

では、「双子卵」は若い鶏しか生まないのか?

答えは、「NO!」 です。

最近は、中村農場でもあまり見かけなくなりましたが、まれに

LLサイズ以上の大きい卵を産む鶏がいて、「双子」「三つ子」

「卵の中に卵」なんて珍しいパターンもあります。

ただこの最近はあまり見かけないので、また見つけた時に

ブログで紹介していこうと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

卵の大きさに関係することは、基本的に鶏の月齢が関係していることが

ご理解いただけたかと思います。

卵を使ったレシピには、卵を1個、2個と書いてあるものが多いので

その卵の微妙な黄身と白身の割合の違いで、違った味が楽しめると思います。

ぜひ意識してみてください。

次回は、新たに名前が決定した「鴨(カモ)」についてお話したいと

思います。